本文へスキップ

教室連絡先
TEL.080-8381-3712

ドラムセットを使わない練習方法Anodrum

ドラムセットで練習しなくても曲を叩けるようになる

リズムパターンもある程度身に付いてきたら、やはり曲を叩きたくなるものです。ここでは、ドラムセット無しで叩きたい曲を叩けるようになるまでを解説します。



叩く順番を覚える

ドラムセットを使おうが使うまいが必ず最初に行う事は、「曲を覚える」という事です。曲を覚えてないと、当たり前ですが何をどう叩けばいいのか、次の瞬間何をしなければならないのか、それがわかりません。イメージができていないと体は動いてはくれません。なので、まずは曲自体を全部覚えるというのが最初です。


曲を覚えたら、次に「ドラムセットでどう叩くのか」を覚えます。これは楽譜を見ても良いですし、音だけで覚えてもどちらでも良いです。どちらが正しいということはありません。押さえるポイントは、曲全体のリズムパターン、曲の始まり方、キメやブレイクなど、フィルインの手順、曲の終わり方、です。これらをきちんと覚えましょう。


スティックを持って練習してみよう

叩く手順もある程度覚えたら、次に実際にスティックを持ってやってみましょう。練習パッドを持っている人は練習パッドを、持っていない人はいらない雑誌など、叩けるものを準備しましょう。

パッドを準備したらそれをスネアに見立てて、覚えた手順を練習します。パッドをスネアに見立ててハイハットは空中を空振りしても良いですし、叩く感触を練習したければパッドをスネアとハイハットに見立てても良いです。

こんな感じで。

     (クリックすると、動画ページに移動します)




パットが無い場合は、いらない本でも叩きましょう。

     (クリックすると、動画ページに移動します)




「こんな練習で・・?」と思うかもしれませんが、この練習方法でほとんどすべての曲は叩けるようになります。この方法で鮮明なイメージができれば、実際のドラムセットでやる時も、とても短い時間でセットで叩けるようになります。

まだ練習パッドを持っていない人は、このようなものを購入してみましょう。値段は5000〜9000円くらいです。