教室連絡先
TEL.080-8381-3712

16ビートのリズムパターン @16beat

16ビートはどんなとこで使われている?

8ビートのコーナーでは、「有名な曲はほとんど8ビート」みたいなことを言いましたが、厳密に言えば「ほとんど16ビート」です。パッと聴くと8ビートですが、目立たない所にサブリミナル効果のように16ビートを感じさせる音が入っているのです。例えばB'zの曲には「8ビートに聴こえる、16ビートのシャッフル」のリズムが多く使われているようです。だから、パッと聴くと簡単に真似できそうだと思うかもしれませんが、実はそう簡単には真似のできない音なのです。




16ビートのリズムパターン

まずは16ビートのリズムパターンに、8分音符の足のパターンが入れれるようになりましょう。


    (クリックすると、動画ページに移動します)








    (クリックすると、動画ページに移動します)









    (クリックすると、動画ページに移動します)









    (クリックすると、動画ページに移動します)










16ビートを、曲で練習してみよう!

みんなが知ってそうな曲を2曲選んでみました。この2曲はテンポも速くないので、最初に16ビートを練習するには丁度良いかと思います。そしてどちらも名曲です☆彡


〜Jupiter〜

(原曲です。クリックすると、動画ページに移動します。)


    (クリックすると、動画ページに移動します。)






〜スモーク・オン・ザ・ウォーター〜

(原曲です。クリックすると、動画ページに移動します。)


    (クリックすると、動画ページに移動します。)




譜面をダウンロード

坂上ドラム教室-ONLINEのメール会員(無料)に登録すれば、解像度の高い譜面をダウンロードすることができます。ダウンロードした譜面は、コピー機で印刷して使うこともできます。


坂上ドラム教室-ONLINE メール会員登録はこちら。